PANalyical
HOME > 製品情報 > 分析機器関連各社取り扱い製品 > PANalyical X線分析 : 基本情報

PANalyical X線分析

お問い合わせ

基本情報

蛍光X線分析装置 (XRF)

Zetium(ゼティウム)オールインワン蛍光X線分析装置

Zetium(ゼティウム)オールインワン蛍光X線分析装置

蛍光X線分析装置のプラットフォームに波長分散(WD)、エネルギー分散(ED)及びX線回折(XRD)の各々の装置を統合できるSumXcoreテクノロジーが採用され、お客様独自の分析装置を構築できます。またSumXcoreテクノロジーは、分析感度、測定スピードおよびさまざまな元素分析ニーズにお応えする革新的な装置です。さらに自社製X線管球SSTは更に分析感度を向上し且つ安定性を高め、長寿命を実現しました。

・WD,ED搭載により測定時間を最大50%削減可能
・ED機能を使用する事で元素分布マッピングが可能
・ED機能は微小部領域分析が可能になり不良解析に最適な情報を高速に提供
・固体、液体や粉末など試料形態は選ばず、最小な前処理で測定可能
・XRD機能は、セメント原料分析などのフリーライム定量分析に対応可能

3D偏光光学系

3D偏光光学系と二次ターゲットによる最適な励起条件により驚異的なS/N比と検出限界を実現しました。

3D偏光光学系 二次ターゲット

Epsilon 5の分析能力は大型放射光施設Spring-8(財団法人高輝度光科学研究センター)に匹敵します。このグラフは各ランタノイド元素を50ppm程度含有した標準試料(SRM612)を分析したデータです。密接したピーク群を明確に分離し、Epsilon 5の突出した分析能力を実証しています。

Epsilon 3 (イプシロン・スリー) シリーズ -エネルギー分散型 (EDXRF) システム

MiniPal(ミニパル)シリーズ

Epsilon 3は、先進の励起および検出技術が搭載されたデスクトップタイプエネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDXRF)です。 信頼性と使いやすさに重点が置かれており、フッ素(F)からウラン(U)にいたるまで、周期律表全体にわたる元素で優れた分析性能を発揮します。

最先端のノンスタンダード分析、迅速な同定フィンガープリント、または規制準拠に対応した各種ソフトウェアモジュールによって機能が強化されているだけでなく、優れたコストパフォーマンスと柔軟性が実現されており、さまざまなアプリケーションに適した分析ツールです。

X線回折装置 (XRD)

X線回折装置 (XRD)

あらゆる分析に最先端技術を融合
オールインワン多目的X線回折装置

ページトップへ戻る

製品情報