HOME > 製品情報 > ラボインフォマティクス > 品質情報管理システム Lab-Aid : 基本情報
ラボインフォマティクス

お問い合わせ

品質情報管理システム
Lab-Aid

基本情報

品質・分析情報管理/研究開発支援パッケージ Lab-Aid(ラボ エイド)は、分析・試験業務、品質管理業務の効率化とデータの精度向上をサポートします。

Lab-Aidは、製造業の品質管理や試験部門、また、環境、飲料水、食品業界など における受託分析業に求められる高品質な試験結果、業務の迅速性・正確性、コストダウン などの課題を解決するために多くの導入実績と長年の経験に基づき開発された LIMS(Laboratory Information Management System)パッケージです。

試験計画・依頼から成績表発行、出荷判定まで、試験部門の業務フローを 標準サポートするだけでなく、試験データの自動収集、規格値・統計値との 自動判定、レポートの自動発行などの業務効率化と試験データの品質向上 を実現します。

また、分析計の校正管理や試薬管理、年間トレンド、管理図など、 細部にわたる品質管理業務支援機能を備えており、分析・試験業務、 品質管理業務の効率化およびデータ精度向上への最適なソリューションを ご提供します。

Lab-Aid(ラボ エイド)

Lab-Aidの特徴として、以下のような機能があります。

LAS機能(Laboratory Automation System)
各種分析計にパッケージのパラメータ設定のみで接続が可能で、分析計メーカに依存しません。
また、プロトコルコンバータによりネットワークに直結するため、変換プログラムも不要です。

データの一元管理
分析計の生データ、報告値を個別に管理するだけでなく、手入力データも一元管理します。

バーコードによるサンプル品の管理
サンプル品のID情報をバーコードで管理します。

特長・機能

ワークフローの確立(品質管理業務の標準化)

分析業務をシステム化することにより、業務フローの標準化が図れます。これにより、業務の効率化、またヒューマンエラーの防止を図ることができます。

規格値、統計値(3σ)との自動判定

分析計から自動収集した値を、規格値・統計値(3σ)と即座に自動判定することができます。 これにより、分析・試験業務の迅速化、効率化を図ることが可能です。

MTS機能による顧客ごとの規格値管理や報告書式への対応

同じ品目でもお客様により要求規格が異なる場合があります。Lab-Aidでは、 出荷するお客様の規格に合わせた製品の出荷が可能です。

分析データの自動収集

分析データを自動収集することにより、今まで必要であった「手入力」「データの読み合わせ確認」 「規格チェック」などの作業が不要になり、分析・試験業務の迅速化・効率化を図ることができます。

分析データの自動収集

また、Lab-Aidは、様々な分析機器と親和性の高い接続を実現します。

・分光光度計・原子吸光度計・ICP計・水分測定装置
・電子天秤・色彩色差計・PH計・電量滴定装置
・X線計・微量硫黄分析計  

..など

システム構成例

システム構成例

関連ソリューション

ページトップへ戻る

製品情報