HOME > ソリューション > 法医学・化学兵器用剤 > 化学兵器用剤スクリーニングシステム(NAGINATA) : 基本情報
法医学・化学兵器用剤ソリューション

NAGINATA-GC/MS 化学兵器用剤スクリーニングシステム

お問い合わせ

基本情報

NAGINATA-GC/MS 化学兵器用剤スクリーニングシステム

化学テロへの対処では、対象サンプルを検査機関にてGC/MSにより検査し化学剤を検出し同定します。一般的にGC/MSによる化学物質の同定では、標準物質を用いて比較を行いますが、猛毒の化学剤は取り扱いが困難で、さらには化学兵器禁止法により使用や所持が制限されています。

そこで、NAGINATA-GC/MS化学兵器用剤スクリーニングシステムでは、神経ガス、びらん剤、くしゃみ剤、催涙剤など15物質について、検量線(内標法)、保持時間、MSスペクトルをデータベース化しました。

これにより、化学剤の標準物質を用いることなく、迅速に検出・同定が可能になります。
※本データベースおよびシステムは、科学警察研究所との共同研究にて構築しました。

特長

15種類の化学剤をデータベース化

GB、GA、GD、VX、HD、L1、HN、DA、DC、CN、CS、OCなどの化学兵器用剤をデータベース化

ページトップへ戻る

製品情報