ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス:製品トピックス > 横河電機製 安全計装システム ProSafe-RS
安全度水準SIL2に対応し、無線通信技術を採用した
「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」を開発・発売

横河電機製 安全計装システム ProSafe-RS
安全度水準SIL2に対応し、無線通信技術を採用した
「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」を開発・発売

2017年10月12日一覧へ戻る

概要

●ProSafe-RSについて
2005年2月に発売した安全計装システムです。安全度水準SIL3レベルを実現する機器として、第三者機関による認
証を取得しています。統合生産制御システムCENTUMシリーズと組み合わせて使用することにより、プロセス制御
システムと安全計装システムを統合できるという特長を有しています。
国内外の約2,100プロジェクト向けに納入し、安全計装システム市場におけるシェアは業界トップクラスです。

●無線ガス検知システムについて
安全度水準SIL2に対応した無線ガス検知システムを、システムのコンサルティングおよびエンジニアリングを含め
お客様にトータルで提供します。ガス検知システムは、検知器の設置環境や気象条件の影響を受けやすく、システ
ム導入後も検知器の設置場所や検知器の数を変更して最適な配置にする必要があることから、無線技術を導入する
ことで、配線を気にせずに検知器の設置場所や数を容易に変更できるようになります。

 

特長

システムの特長
横河電機のISA100 Wireless ※3フィールド無線システムと警報器、業界で唯一、安全度水準SIL2に対応した無線
ガス検知器「GS01」や「GS01-EA」などを組み合わせて、「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」として
提供します。

1.コンサルティング、エンジニアリングを含め、トータルでシステムを提供
「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」は、無線技術を導入したことで、検知器を柔軟に配置できます。
また、安全度水準SIL2に対応しており、防消火システムや緊急遮断システムとして活用できます。
「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」を構成する機器を熟知し、生産制御、安全計装、およびフィールド
無線のエンジニアリング、コンサルティングのスキルをもつYOKOGAWAが、トータルでシステムを提供、お客様
をサポートします。

2.オペレーションの効率化に貢献
「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」と従来の有線式のガス検知システムを、横河電機の統合生産制御シ
ステム「CENTUM VP」の操作監視画面で統合して効率的に監視することができます。
有線式のガス検知器と同じ操作プレートを無線ガス検知器「GS01」とその延長アンテナ「GS01-EA」に使用して
監視できるため、デザインが標準化されひと目でわかりやすい画面構成で、誤認識や誤操作の防止に貢献します。

3.メンテナンスの効率化に貢献
統合生産制御システム「CENTUM VP」の操作監視画面で、「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」を構成す
るネットワーク機器の状態やガス検知器のバッテリ残量、および無線通信の状態を把握できるため、迅速に異常を
把握して早い段階で対応することができます。また、定期点検を減らした効率的なメンテナンス計画の立案が可能
になります。

※3:ISA100 Wireless: ISAが推進するインダストリアル・オートメーション用無線通信規格ISA100.11aに基づく通信技術とそれを実現する
アプリケーション。2014年10月にIEC(国際電気標準会議)で国際標準規格IEC62734として
発行されました。

お問い合わせ

 

ページトップへ