ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス:製品トピックス > 自律型コントローラ FCN-500 横河電機製
新たにユニット拡張用『E2バスインタフェースモジュール』 N2EB100が誕生
二重化対応のFCN-500 は、高信頼性を確保しつつ、より拡張性に優れた
システムをご提供いたします

自律型コントローラ FCN-500 横河電機製
新たにユニット拡張用『E2バスインタフェースモジュール』 N2EB100が誕生
二重化対応のFCN-500 は、高信頼性を確保しつつ、より拡張性に優れた
システムをご提供いたします

2018年6月08日一覧へ戻る

概要

自律型コントローラ(FCN-500)*1) ユニット拡張用「E2バスインタフェースモジュール」 N2EB100

用途に応じて3種のサイズのベースモジュールを自由に選択可能です。
I/Oモジュールを分散して配置することが可能になり、より大きなシステムにも対応できます。

*1:FCN-500 は、CPU モジュールやI/O モジュールなどを組み合わせて使用するモジュール実装タイプの
  コントローラです。

特長

・増設ユニットをリモートI/Oとして設置可能
 E2 バスインタフェースモジュールにより、増設可能なユニット数・モジュール数が大幅に拡張出来ます。
 1つのCPUが制御可能な最大ユニット数は9 ユニットで、最大79 モジュールが実装可能です。
 E2 バスインタフェースモジュールは二重化も可能で、信頼性の高い制御を実現します。

 

ユニット拡張バス(E2 バス)の最大伝送距離は、ユニット間100m、総延長800m(増設ユニット8台接続時)です。
また、光ファイバーケーブルを使って、さらなる距離延長も可能です。
離れたユニットの自己診断情報の表示や、運転中のモジュール交換など、離れていても高い保守性を実現します。

・コンパクトベースモジュールによる自由度の高い設置
 従来のラインアップに加え、さらにコンパクトなベースモジュールを追加しました。

 

・優れた耐環境性
 分散・増設した各ユニットは、-20℃~70℃の幅広い環境に設置できます。厳しい環境下においても安定して稼働
 します。

お問い合わせ

関連製品

自律型コントローラ FCN-RTU
堅牢かつ高信頼設計を採用し、情報処理/Web 発信機能を併せ持つ 低消費
電力タイプの自律型コントローラです。

 

生産システム構築ソフトウェア VDS
各種I/O機器からのデータ収集・保存、高精細なグラフィック画面による操
業といった従来の機能に加え、先進のアーキテクチャにより生産ラインの稼
働状況を的確に把握でき、安定した操業を実現する Web ベースのSCADA
ソフトウェアです。

省エネ支援システム InfoEnergy
省エネ活動を支援する、段階的に投資可能な分散型EMS(エネルギー
マネジメントシステム)です。
現場に分散した自律型コントローラにEMS 機能を搭載、これらの情報を
Web ブラウザで統括監視することができるほか、設備の管理や省エネ制御
まで可能です。

お問い合わせ

ページトップへ