HOME > 技術情報 > 分析基礎知識 > GCにおけるガスの影響とガストラップ

GCにおけるガスの影響とガストラップ

GCで使用するガスに不純物が含まれている場合、カラムや検出器にダメージを与えたり、不純物自身が検出されて分析結果に悪影響を与えます。そのためには適切な純度のガスと適切なガス精製装置を選択することが重要です。

キャピラリGCのキャリアガスに含まれる不純物は、カラムや検出器にダメージを与えたり、不純物自身が検出されてノイズになったりします。

ガス由来のトラブルは原因究明までに時間がかかり、修理費用もかさみます。ガスはお客様のご準備できる最良のものを使用してください。又、集中配管等でガスラインが長い場合はガス配管、レギュレータ由来の汚染(配管・レギュレータそのものの汚れ、接続部からの混入)も考えられる為、特に気を遣う必要があります。装置付近でのガス精製器は必須です。

キャリアガスの純度が分析に与える影響は下記の通りです。

  不純物質 影響
カラム 酸素 液相が酸化分解しカラムの劣化が早まる。特に極性液相では注意。
(特に高温分析する場合)
TCD 酸素 酸化によりフィラメントの寿命が短くなる
ECD 酸素 リニアリティーや感度が下がる
MSD 酸素 リニアリティーや感度が下がる
分析全般 酸素 昇温分析の場合ベースラインのドリフトが大きくなる
炭化水素 ベースラインが上がる
水分 サンプルとの吸着

ガスの純度

計算上、純度99.999%のガスは10ppm、純度99.9999%のガスは1ppmの不純物を含みます。Agilentでは通常、純度99.9995%以上のガスを推奨しています。

トラップの選択

Agilentでは数多くのサイズ・構成のバラエティに富んだガストラップを提供しています。目的に応じて選択して下さい。

水分トラップ

水分トラップ

5060-9084 S型水分除去トラップ

GCのヘリウム、窒素、Air用として一般的に用いられています
モレキュラーシーブ5A、45/60メッシュを充填。再生可能

コンビネーショントラップ(O2、H2O、CO2、CO、炭化水素)

コンビネーショントラップ

RMSH-2 Big Universal Trap
(He用、水素・窒素用もあります)

Agilent GC/MSD納入時付属品
最大圧力500psi

最高8L/minの流量でO2、H2O、CO2、CO、それに炭化水素を、累積レベルで100ppbまで除去します

コンビネーショントラップ(酸素/水分)

コンビネーショントラップ

OT3-2 Agilent OT3トラップ

Agilent OT3は不活性ガス(窒素、ヘリウム、アルゴン、クリプトン)だけではなく、水素やアルカン、アルケン、脂肪族炭化水素ガス、低沸点芳香族、二酸化炭素、一酸化炭素、それにアルゴンメタンなどのガス流も処理できます。

活性の高い金属含有の洗浄剤が不活性アルミ製ボディに封入されています。この物質は500mlの酸素をガス流から除去し、15ppb未満に抑えます。さらに、このトラップには酸素のキャパシティに関係なく最大2gの水分を除去する能力もあります。

Agilent ECD(検出器用ガス)に推奨されています。

トラップ交換時の注意点

1. スヌープでのリークチェックは汚染の原因になることがあります。

2. 交換時は、ガスを流しながらすばやく取り付け、トラップ出口側を開放にした状態で15分程度パージして下さい。(水素はパージをしないで下さい)

3. トラップには交換した年月日を記載することをお勧めします。交換時期は使用頻度、ガス純度にもよりますが通常は1年を目安に定期的に交換をして下さい。

ページトップへ戻る

技術情報