Solution

ホーム > ソリューション > 自動車開発 > タイヤ試験機関連 > タイヤ設置面挙動測定装置

タイヤ設置面挙動測定装置

  

本装置はPCタイヤ及びバイクタイヤの静特性試験、緩和長試験を行うことを目的として設計された装置です。

静特性試験は専用定盤を使用して、縦/横/前後/捩りの各剛性試験を行います。緩和長試験はクローラーと呼ばれる平滑路面を回転させ、データ取得を行います。 クローラー上でのデータ取得はタイヤ接地面が、実走行とほぼ同等な利点があるドラムを使用している、いままでの試験機と比較して、より実走行に近いデータが得られるという利点があります。
また、フラットベルトと比較しても、機械的要因(ベルトの寄り)による計測誤差が、ほとんど無いことも、クローラーの利点です。

試験条件入力画面

Solution

緩和長試験結果グラフ

縦剛性試験結果グラフ

Solution Solution

製作仕様

試験タイヤ 外径 430-950mm
幅 Max400mm
路面 幅500mmの板を平面連結構造
路面速度 Max20km/h
正転/逆転
測定レンジ Fz ±10kN
Fx ±2kN
Fy ±2kN・m
Mz ±1.2kN・m
俯角機能 スリップ角 ±2°
キャンバー角 0°~-5°
試験項目 静特性試験
緩和長試験
付帯設備 空調装置/5℃~45℃
制御装置 計測操作盤 1台
計測制御盤 1台
モータ動力盤
試験データ管理 パーソナルコンピュータ
※専用アプリケーション使用

ソリューションに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

line

お急ぎの場合は下記、本社営業推進Grへお願いします。

Tel: 03-3299-1368

huta
ページトップへ