Solution

ホーム > ソリューション > 自動車開発 > タイヤ試験機関連 > 氷上試験機(ウェット)

氷上試験機(ウェット)

  

本装置はPC/LTの冬用タイヤの氷路上での制駆動試験を主に行う事を目的として設計された試験機です。

氷上試験においては、まず、氷路を作る為に試験室をマイナス温度へ冷却します。
気温と同等に冷えた極低速回転しているドラム内面に散水して水膜を凍らせて氷厚を上げていきます。
厚さ50mmの試験氷を製氷します。その後、数時間焼鈍しを行い、氷の強度を上げます。
製氷された凹凸のある氷表面をバイト式氷切削装置にて切削し、平滑な氷路面を作りす。
平滑になった氷面へタイヤを押し当て、各試験を実施します。

コーナーリング試験結果グラフ

μ-s試験結果グラフ

Solution Solution

製作仕様

試験タイヤ 外径 400-1050mm
幅 Max450mm
ドラム径 Φ4000mm
ドラム周速度 Max250km/h
正転/逆転
測定レンジ Fz ±15kN
Fx ±10kN
Fy ±15kN
Mz ±1kN
Mx ±10kN・m
俯角機能 スリップ角 ±10°
キャンバー角 ±5°
試験項目
(氷上、ウェット路面)
制駆動試験
コーナーリング試験
制御装置 計測操作卓 1台
計測制御盤 1台
モータ動力盤
試験データ管理 パーソナルコンピュータ
※専用アプリケーション使用

ソリューションに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

line

お急ぎの場合は下記、本社営業推進Grへお願いします。

Tel: 03-3299-1368

huta
ページトップへ