ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス:製品トピックス > 「水銀に関する水俣条約」発効に伴いノイズ研究所製水銀リレー方式インパルスノイズ試験器の製造・受注が2020年5月に終了

「水銀に関する水俣条約」発効に伴いノイズ研究所製水銀リレー方式インパルスノイズ試験器の製造・受注が2020年5月に終了

2019年12月12日一覧へ戻る

2013年10月に締結された「水銀に関する水俣条約」の発効を受け、日本国内法である「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」が2017年8月16日に施行されました。このため、株式会社ノイズ研究所(以下、ノイズ研究所)では2020年5月をもちまして現行の水銀リレー方式のインパルスノイズ試験器の製造・受注を終了する事となりました。
継続してインパルスノイズ試験を実施するお客さまは、お早めに試験器の買換え等のご検討をいただけますようお願い申し上げます。
また、現在販売をしている水銀リレーを使用したモデル(INS-4020/4040、INS-AX2 series 以下:現行モデル)におきましても、納入後8年以上経過している製品につきましては、ノイズ研究所 社保証規定により修理を辞退させていただく場合がございますので、あわせて買換え等のご検討をお願い申し上げます。

保守対応年図

 

比較対応表

 

 

お問い合わせ

ページトップへ