ニュース&トピックス

HOME > ニュース&トピックス:製品トピックス > クリーンルーム等の差圧計、ゲージ圧計を高精度に校正可能なポータブル圧力校正器
Pneumator(ニュウメーター)

クリーンルーム等の差圧計、ゲージ圧計を高精度に校正可能なポータブル圧力校正器
Pneumator(ニュウメーター)

2021年1月05日一覧へ戻る

 

概要

差圧やゲージ圧を高精度に測定、圧力計や圧力センサの校正に。

テストーの Pneumator(ニュウメーター)は誘導型センサを内蔵した高精度の圧力測定器で、振動などの影響を受けず、1Pa未満の微細な差圧も高感度に検知します。また、精度範囲を%単位で設定ができ、複数ポイントの校正も手軽に行えます。

圧力計の現場校正だけでなく、高精度圧力計(マノメーター)あるいは風速計・流量計として使用することもできます。

特徴

● 用途に合わせて4タイプ

レンジの異なる4モデルがあり、圧力装置に合わせて選択が可能です。
・1hPa (100Pa) : 精度 フルスケールの±0.3%
・10hPa (1kPa)  : 精度 フルスケールの±0.1%
・100hPa (10kPa/0.01MPa)  : 精度 フルスケールの±0.1%
・1000hPa (100kPa/0.1MPa/1bar)  : 精度 フルスケールの±0.1%

● 圧力校正だけではない、便利な測定モードの切換

差圧校正・ゲージ圧校正の切換えのほか、校正モードから測定モード(圧力・風速・流量)への切換が可能です。

● 圧力測定業務をサポートする機能

自動または手動によるゼロ点調整機能、通気・気密試験モード等の機能を搭載しています。測定範囲は₋10~110%に対応していますが、負荷がかかった場合、測定範囲の125%を超過するとセンサが分離する安心設計です。

アプリケーション例

● 差圧校正

差圧計は測定値の正確さが求められるのと同様、その差圧計の校正器(基準計)にも高い精度が求められます。
テストーの圧力校正器「Pneumator(ニュウメーター)」は1Pa未満の微細な差圧も高感度に検知します。据え置き型としてもポータブル型としても使用できるので、現場校正に最適で、基準計としての役割も担います。

 

● ゲージ圧の測定・校正

一般的に、圧縮空気システム等に用いられる高いゲージ圧の測定と比較して、低い圧力は品質に強く関係するため、精度への要件が高いケースが多いです。
例えば、グローブポックスはコンタミネーションを防ぐため、に内部は周囲の空気よりも高い圧力を保っています。医療分野の設備では、多くの場合、精密な圧力管理が欠かせません。
陰圧・陽圧管理の分野においても、Pneumator (ニュウメーター)は重要な役割を果たします。

 

 

● 差圧・風速・風量の測定

クリーンルームのフィルタの差圧測定やクリーンルーム内の陽圧測定では、測定値の安定性に高い要求が課せられ、測定は正確かつスピーディに実施されなければいけません。
クリーンルームの空調アプリケーションでは、厳密な空調管理が求められるのと同時に、ダクト内の風速や風量も要件を確実に満たす必要があります。
Pneumator(ニュウメーター)は汎用性が高く、差圧だけではなく、ピトー管を併用して風速・風量の測定ができます。
充電バッテリは8時間使用で、ポータブル測定器としても利用可能です。

● 長期安定性: フルスケールの最大0.5% / 年

● 輸送用ケース(オプション)

お問い合わせ

ページトップへ