HOME > 製品情報 > ラボインフォマティクス > 分析業務・情報統合システム WeLS(ウェルス) : 基本情報
ラボインフォマティクス

お問い合わせ

もっとも新しくて、もっともシンプルな分析情報統合システム
WeLS (Web base Laboratory management System: ウェルス)

基本情報

業務ステップ・ワークフロー図

試験検査機関では、依頼・試料の情報、試験法、分析結果データ、野帳、報告書など、大量のデータが流れ処理されています。また、扱われるすべてのデータは試験検査機関の信頼性に関わるため、データの間違いや漏れは許されません。

一方、今まで管理システムは一般の業務システムや工場の工程管理から派生したものが多く、試験検査機関独特のワークフロー、多種の試験法や多くの分析装置メーカー、さらには様々な基準値に対応するのは困難でした。

WeLS-分析情報統合システム-は、様々な分野における試験検査機関や、製造業の品質管理部門における業務の実態に合わせて設計及び開発した、“Webベース”のシステムです。ワークフローの状態・進捗管理や、分析機器・野帳との自動連携、およびデータの一元管理により総合的に間違いや手間、コストを削減し、業務の標準化・効率化を実現します。“WeLS”に情報を統合することで、よりお客様に信頼される試験検査体制の構築を支援します。

※ 本製品はお客様の要望に併せて製作する、受託開発型のシステムです。
※ 製品のご提供地域に制限があります。詳しくはお問い合わせください。

バージョンアップ情報

New! 管理図・グラフ機能

管理図・グラフ機能

WeLSで一元管理している分析結果を用いて、管理図やトレンドグラフなどを描画できる機能が追加になりました。

分析結果の傾向を容易に確認することができ、また基準値を用いた判定だけでなく、管理値での判定をすることも可能です。

特長・機能

業務全体の進捗・責任管理による顧客満足度の向上

試験依頼から報告書までの、業務の状態や履歴、付帯情報などをシステムに一括管理することにより、進捗管理や、速報対応、納期管理、監査証跡管理などが容易に対応できるようになります。

統合されたワークフロー

WeLSは試験検査機関独自のワークフローに対応。
お客様からの依頼から開始することも、急ぎの割り込み試料についても対応が可能です。
定期依頼にも対応し、依頼情報が定期的にシステムから自動発行されます。
また、上位システムと連携し、試料依頼情報の取込や報告値出力にも対応します。


【ワークフロー例】
各試験検査機関の業務フローに合わせ、試料受入、依頼登録のいずれからもワークフローをスタートできます。
依頼情報はいつでも試料と関連付けることが可能です。

実態に合わせたメイン画面・管理項目

【メイン画面】

シンプルで自由度の高い画面構成。「依頼・試料・試験法・試験項目の一覧」や「詳細情報」など必要な情報が1つの画面で確認することができます。

【データ構造画面】

業務実態と同様のデータ構造「1依頼=複数試料=複数試験法=複数試験項目」で情報を管理。添付ファイルや、コメントも構造に合わせて残せます。

人的作業の自動化・標準化による信頼性と効率の向上

人によるデータ入力や読み合わせ等の作業を自動化、標準化することにより、データの信頼性向上が可能です。また、作業効率化にもつながり、時間や紙、コストなどを削減することができます。

分析機器からデータを直接取り込み

電子天秤、ICPやGC/MS等、多くの試験装置を使用しデータフォーマットや通信も様々です。
一方、測定結果を手作業などにより、誤入力してしまった場合、試験検査機関の信頼を失う可能性があります。
WeLSでは、各種インターフェース、各社の装置から直接測定値を取り込み、信頼性の高い報告書作成をサポートします。


【分析装置接続イメージ】
各社・各種分析装置からの測定結果は、LANまたはファイル形式でWeLSサーバーに取り込めます。

既存のExcel野帳を最大に活用

試験検査機関では、野帳など多種類のExcel計算シートを活用し運営しています。
これらの野帳はラボの貴重な資産で、これを置き換えることは容易ではありません。
WeLSでは、今までの野帳を活用して定量値や報告値をExcelから直接取り込むことができます。*1

※1 今使っている野帳をそのまま使用して、WeLSに結果を取り込みできます。
但し、一部修正またはソフト変更が必要な場合がありますので事前にご相談願います。
・VBAなどでExcel上でプログラム作成しているシートには対応できない場合があります。
・野帳上の取り込みセルについて、WeLSのExcel帳票デザイナー機能を使用して指定が必要です。

【デザイン画面(報告書)】*2

*2 画面はイメージです。

【出力帳票例(指示書・報告書)】*2

多種多様なデータの一元管理による業務効率の向上

紙やPCに散在している膨大なデータ(数値・レポート・画像等)をシステムに取り込むことで、過去データの検索や、承認時に必要な多種多様なデータの確認などが容易に行えます。

全てのデータを保存します

試験検査機関では、数値データだけでなく装置からの画像やクロマトグラム、前処理やサンプリングでの記録シート、
そしてお客さまからの依頼書など多くの形式のデータを取り扱う必要があります。
WeLSでは、Excelの表や、装置生データ、PDFファイルなど様々な形式のファイルを関連付けて保存することができます。
データが保存されているためにお客様からの問い合わせ時にもすぐに必要なデータにたどりつけます。

必要に応じてメールなどに添付可能であり、ペーパーレスを実現します。

システム構成

システム構成

PCに標準的にインストールされているWebブラウザさえあれば、どのコンピュータからでもすぐにアクセスができます。

分析機器のPC上で分析結果を入力したり、外出先(出張先・採取場所)からアクセスして結果を承認したり、情報を入力することができます。
システム用のPCを準備する手間・費用も不要で、外出によるダウンタイムを削減し業務の効率化が可能です。

また、クラウド対応によりサーバの維持・管理の手間を削減したいというお客様のご要望を反映した、システム導入を可能にしました。リモート保守などと組み合わせることで、さらに利便性を向上も可能です。

ページトップへ戻る

製品情報