HOME > 製品情報 > 分析装置用ソフトウェア > NAGINATA : 基本情報
分析装置用ソフトウェア

お問い合わせ

GC/MS精度管理・相対定量ソフトウェア
NAGINATA

基本情報

メイン画面例 メイン画面

NAGINATAはガスクロマトグラフ/質量分析計(GC/MS)で、信頼性の高いスクリーニング分析・多成分一斉分析を実現するために開発されたソフトウェアです。

Calibration Locking Database法により、分析に使用するGC/MSの装置状態を管理した上で、データベースに登録された化合物情報(保持時間(保持指標)、検量線、MSスペクトル)を用い検出から定量まで行えます。

- Keywords -
GC/MS、SIM/Scan、装置状態管理、AIQS、網羅分析、多成分一斉分析、スクリーニング、緊急時迅速分析

特長・機能

日々幅広い分野の多成分一斉分析に対応可能なデータベースラインナップ

日々幅広い分野の多成分一斉分析に対応可能なデータベースラインナップ

「農薬(環境・食品)」、「環境汚染物質」、「容器包装添加材」のスクリーニング分析や、一般に標準物質の入手が困難な、「乱用薬物」や「化学兵器用剤」のデータベースを提供しています。

日々の検量線作成や標準物質が不要

データベース

データベースに登録された、保持時間:RT(保持指標:RI)・検量線・MSスペクトルを使用することで、標準物質を用いることなく、目的化合物の同定と相対定量を行えます。
日常的には、標準物質を用いた検量線の作成は不要です。

数百物質を一斉に同定・定量

自動解析の結果例 自動解析の結果例

サンプル中の目的化合物を、保持時間:RT(保持指標:RI) の差・MSスペクトル一致度・イオン比(確認イオン/定量イオン)の3つの要素から自動的に同定し、データベースの検量線を用いて相対定量します。
自動同定・相対定量の結果は、同定精度や相対定量値等からレベル分けして帳票に出力さるため、解析結果の確認も簡単に行うことができます。

GC/MS の状態評価と管理

システムパフォーマンスレポート例 システムパフォーマンス例

専用のクライテリアサンプル(チェックサンプル)を測定し、その結果を自動解析することで分析に使用するGC/MSの状態をソフトウェアが客観的に評価します。
メンテナンスが必要な部分の把握ができるため、ノウハウになりがちなGC/MSのメンテナンスを標準化し、業務効率を向上させることが可能です。

高感度な測定が可能な、SIM/Scan対応

GC/MSのSIM/Scanモードに対応し、感度が得られにくい化合物はSIMモードのデータを用いて解析が可能です。

分析の流れ(シンプルなワークフロー!)

通常は手間がかかるスクリーニング分析・多成分一斉分析も、簡単かつシンプルな流れで実施可能です。

分析の流れ

ページトップへ戻る

製品情報