HOME > 製品情報 > Agilent > ICP-OES, AA, MP-AES : 基本情報
アジレントテクノロジー

ICP-OES, AA, MP-AES

お問い合わせ

基本情報

【ICP-OES】
AgilentのマルチタイプICP発光分光分析装置(ICP-OES)は、低濃度から高濃度の多元素を一斉に分析する高速性と、高マトリクスサンプルでも連続導入が可能な安定性を同時に実現する次世代装置です。さらに、分析を容易にするソフトウェアと簡単なメンテナンス性を備えています。

【原子吸光分光光度計(AA)】
アジレントは1957年に世界初の原子吸光分光光度計を製品化して依頼、60年にわたりさまざまな技術革新で、金属元素分析業界の発展に貢献してきました。生産性が高く、柔軟性があり、高い信頼性を備えたアジレントの原子吸光分光光度計は、原子スペクトル装置のリーディングカンパニーとして世界中の研究者から高い評価をいただいております。

【MP-AES 分光分析装置】
高価なガスや可燃性のガスを使うことなく、生産性を向上。より安全で、コスト効率の良いMP-AESは、サブ ppbレベルの検出下限を実現する優れた感度と、フレーム原子吸光を超える分析スピード、ダイナミックレンジを備えています。この革新的なMP-AESの最大の特長は、空気を使用して動作することです。

機種

お問い合わせ

ページトップへ戻る

製品情報