Solution

ホーム > ソリューション > 自動車開発 > EV・HEV関連 > レゾルバ位相計測装置

レゾルバ位相計測装置

  

車載用モータに取り付けられるレゾルバは取付誤差が発生します。
本装置は、この取り付け誤差(位相差) を計測する装置です。

特徴

・R/Dコンバータモジュールを使用せず、レゾルバから直接信号を入力するため、
 正確な計測が可能です。

・負荷モータの制御と計測処理を1つのPCで行うため、全自動での計測が可能です。

・モータ極数、レゾルバ極数の設定が可能なため、
 さまざまな種類のワークを計測することができます。

仕様例

対象モータ ・3相モータ
・回転数 100rpm~3000rpm(評価回転数)
・誘起電圧: 最大30V
対象レゾルバ ・ Ref波 10KHz~20KHz
・ sin/cos出力
・ 巻線比
計測項目 ・ U相誘起電圧
・ Ref/sin/cos電圧
・ モータU相とレゾルバの位相差(電気角)

システム構成例

Solution

ソフト画面例

Solution

ソリューションに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

line

お急ぎの場合は下記、本社営業推進Grへお願いします。

Tel: 03-3299-1368

huta
ページトップへ