投資家情報

HOME > 投資家情報 > IRポリシー

IRポリシー

開示基準

当社は、株主、投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。具体的には、ジャスダック証券取引所の定める「上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示等に関する規則」に沿った情報の開示をおこないます。また、当社を理解していただくために有用と判断される情報につきましても、積極的かつ公平に開示する方針です。

情報の開示方法

情報開示に該当する情報の開示は、適時情報開示システム(TDnet)または、報道機関向に東証内記者クラブ「兜倶楽部」を通じて公開いたします。また当ウェブサイトにも同様に掲載してまいりますが、PDFファイルその他ツールの準備などの都合上、遅れることもありますことをご了承願います。

業績予想および将来の予測に関する事項

当ウェブサイトに掲載している情報のうち過去の歴史的事実以外のものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、経済動向・業界動向・為替レート等に関わるリスクや不確実な要素を含んでいるため、実際の業績等が当初の見通しと異なる結果となる可能性もございます。従いまして、当社の業績、企業価値を検討するにあたってはこれらの見通しのみに全面的に依拠することは控えて頂けるようお願い致します。

ディスクローズ自粛期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために決算発表日前の1ヶ月間をディスクローズ自粛期間としております。この期間につきましては決算に関するコメント、質問などに対する回答は差し控えさせていただきます。ただし、「ディスクローズ自粛期間」中に予想と大きく異なる見込みが出てきた場合には、適宜、プレスリリースにより情報開示を行うこととしております。

免責事項

当ウエッブサイトの情報掲載は、当社をご理解いただくためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。従いまして実際に投資を行う際は、ご自身の判断でおこなっていただきますようお願い致します。

ページトップへ